肺がんステージ4 希望を持ってがんばるのだ ミッシェルと不思議な仲間たち

免疫力を上げるために

肺がんだとわかってから、免疫力の大切さを知りました。
免疫力をアップするために、ネットや本で調べたり、家族・妹・親友が仕入れた情報を元に、
自分でやれそうなものをピックアップして病気発覚後からずっと続けています。
それは『体温を上げる』・『食生活の改善』・『腹式呼吸』・『笑う』・『瞑想』です。


『体温を上げる』・・・体温が36.5~37度だと病気にかかりにくく、36度以下になると病気にかかりやすくなります。体温が1度下がると免疫力は30%低くなります。病気発覚前、私の平均体温は35.5度位でした。
これではダメだということで、使い捨てカイロ大小10個位体中に貼りまくり、寝る時には体の上下に
大きいサイズのホットパック(レンジで温めて何度でも使える)を置いて寝ていました。
約2週間毎日続けていると寝ている時に汗をかくようになりました。それからカイロの数を減らしていき、
2~3週間後にはカイロやホットパックを使わなくても、体温が平均36.3度まで上がりました。
今は36度以下になることはありません。岩盤浴に行くと2日位は36.6度位をキープできます。

血行をよくするために、お風呂上りに足マッサージ器で30分程マッサージします。
手足の指はゲルマローラーでコロコロと軽くマッサージします。
手指の爪もみは暇な時いつでもやっています。爪をもむというよりは爪を押すような感じでしょうか。
基本的に、両手の親指、人差指、中指、小指の4本の指の爪の生えぎわをもみます。
そうすることで、副交感神経(心と体に休息をもたらす神経)が活発になり、血行がよくなります。
薬指は交感神経(心と体を活動的にする神経)を刺激してしまうので、リラックスしたい時には
止めた方がいいです。

お灸も毎日しています。火を使うタイプの『せんねん灸竹生島』と火を使わないタイプの『せんねん灸太陽』を使っています。手足は火を使うタイプ、お腹や背中は火を使わないタイプと使い分けています。お灸のおかげか、右手親指と人差指のしびれがだいぶ軽くなってきました。ツボのサイトで肺・肝臓・足など、いろいろなツボを調べて試しています。


『食生活の改善』・・・ 病気になり、食生活もかなり変わりました。
玄米菜食を心がけています。(でも必要な時にはお肉も食べます。)

毎日必ず食べる物 : バナナ・りんご・みかん・トマト・ブロッコリースプラウト・黒酢もずく・黒豆・クコの実
野菜はもともと好きなのでたくさん食べています。

毎日必ず飲む物 : びわ茶・グリーンプロポリス・R-1ヨーグルトドリンク・ヤクルト300v・豆乳
・食塩無添加野菜ジュース  アルコールは赤ワインを時々グラス1杯飲みます。白ワインも稀に飲みます。
(ニンジンジュースにトライしたこともありますが、続けられないと思い止めました。)

びわ茶は一日に3~6杯は飲みます。
私のお気に入りのびわ茶はネスタとトーマが送ってくれた、三和ゆめランドの長崎ゆめびわ茶です。
ティーバッグが使いやすいですが、私が飲んでいるのは急須に入れて飲むタイプです。
色的にはウーロン茶みたいな茶色っぽい色です。味はクセがなくどんな料理やお菓子にも合う感じです。

<びわ茶の効能> 
・びわ茶に含まれる「アミグダリン」は体内に入ると「青酸」と「ベンツアルデヒド」に分解されます。
 この2つの物質は相乗毒性によりガン細胞を破壊します。毒性とは言っても、
 正常細胞は「ローダネーゼ」という保護酵素によって守られるので害はありません。
・ 血行改善や解熱作用を持つ「サポニン」を含む
・ 疲労回復効果を持つ「クエン酸」を含む
・ カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心

<グリーンプロポリス>
『抗がん作用・抗菌・殺菌・抗ウイルス作用』があるといわれています。
私はブラジル人の友が送ってくれるブラジル産グリーンプロポリスを毎日コップ一杯のお水に15~20滴入れて飲んでいます。私は全く気になりませんが、ニオイと味がちょっときついかもしれません←ロゼッタ家のメンズは苦手なニオイらしい。プロポリスは好き嫌いが分かれると思います。

<水>『SGE(スーパーグロスエナジー)スーパーミネラルウォーター』を飲んでいます。
これは私がとても尊敬している真珠夫人が体にいいからと送ってくれたお水です。
他に『樵(きこり)のわけ前1117』というお水を飲んでいます。
2つともクセがなく、水がスーっと体に浸透していくような感じがします。


『腹式呼吸』・・・がん細胞は酸素が嫌いです。健康を維持していくためにも深呼吸は大切です。鼻から息を吸って口から長く吐く。。。体の中にたくさん酸素を送り込むことで、がん細胞は自然消滅していく。私は思いついた時にいつもがん細胞が消えていくことをイメージしながら腹式呼吸をしています。沈先生(気功太極拳の先生)は『吸うよりも吐く方を長く意識しながらやりましょう』と教えてくれました。


『笑う』・・・笑う門には福来る。笑うとNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化して増殖するそうです。
ナチュラルキラー細胞はがん細胞やウィルス感染細胞を直接攻撃してくれます。
おもしろくなくても作り笑いをするだけで、脳は笑っていると勘違いして免疫力をアップしてくれます。


『瞑想』・・・言葉やイメージがどれだけ大切か学びました。
私は病気になってから、自分のやり方で毎日朝夕瞑想をしています。
神様・仏様・ご先祖様・自分の体等に感謝していること、がん細胞が自然消滅していくことをイメージ、
肺がんが寛解・完治したこと(過去形で言うことが大切)に、毎回お礼の言葉を言います。
そして何も考えないように目を閉じたまま腹式呼吸、10分~20分位過ごします。
瞑想中には『免疫力アップ』というCDを聴いています。
最初に簡単な説明があるので、瞑想しやすいです。
[PR]
by michellrosetta | 2013-01-31 19:38 | 免疫力アップ

family, friends, favorite, interesting, thinking.....and disease
by michellrosetta
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

画像一覧

イラスト:まるめな