肺がんステージ4 希望を持ってがんばるのだ ミッシェルと不思議な仲間たち

村井徹 宗癒師

2月に入ってからずっと師走並の忙しさで疲れがピークに。体は重くなるし、あちこちこったり痛かったり。
今日2週間ぶりに十字式へ行くことができました。 タチアナも一緒。

十字式の詳しい説明は「カテゴリ→十字式→十字式健康法→効果と施術の流れ」をご覧ください。

朝9時頃、会場(十字式では施術所を会場と呼びます)へ到着。
施術時間は9時~といっていますが、着いた時には、いつも施術は始まっていて、待合には何人かいます。
それでも待ち時間は10分程度、すぐ名前を呼んでもらえます。

村井先生 『(調子は)どうですか?』
(私は何十回も通っているので、村井先生は私が肺がん末期だと覚えてくれているようです)

私 『先週来れなかったから疲れがたまってるみたいです。
顔の湿疹はだいぶ良くなってたんですけど、またちょっと増えちゃって。体の湿疹はかゆみがあります。』

村井先生 『あ~湿疹ちょっと出てきたかな。ここ(首の後右側)、ここ(右肩甲骨辺り)、ここ(背骨中央辺り、) ここ(左右の坐骨辺り)、ここ(左右腎臓辺り)、ここ(右肘辺り)(と軽く押して確認)を治して、免疫力を上げれば大丈夫だからね。』

そして、ムンズッ~ムンズッ~と声を出しながら、触るか触らないかの感じで施術していきます。
頭・顔・足を施術する時には『ちょっと触りますね。』と断わりを入れ、
胸・お腹を施術する時は『ここに手を置いて。』と私の手を置いた上から、
先生の手を置いて施術していきます。お腹の右側には免疫力を上げるツボ(のようなもの?)があるらしい。

村井先生は雑なところがなく、穏やかでいつも紳士的です。
施術が終わると肩をポンポン軽く叩いて『がんばってね。』って。

体全体もみほぐされたように軽くなり、首の(寝違えたような)痛みはまだちょっと残っているけど
かなりスッキリ~。
はぁ~今日も癒されたぁ~村井先生の最後の一言でまたがんばろうって力が湧いてきたぁー。

体験していない人に、十字式を理解してもうのは難しいと思います。
私自信、どうしてこれだけで治るのか本当に不思議に思っていますし。。。
でもハッキリ言えるのは・・・がんの痛みが全くないのは十字式の存在が大きい。
[PR]
by michellrosetta | 2013-03-06 20:31 | 十字式

family, friends, favorite, interesting, thinking.....and disease
by michellrosetta
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

画像一覧

イラスト:まるめな