肺がんステージ4 希望を持ってがんばるのだ ミッシェルと不思議な仲間たち

気功治療

 
2週間前の気功太極拳教室・・・沈先生は白い無地のシンプルなカンフースーツを着ていました。
光の粒子が沈先生に集まっているように感じ、いつもよりオーラが大きく視えました。

この日、間近で気功治療を見ることができました。
私が気功太極拳教室に来た初日にOリングテストで氣の調整をしてもらったのとは違う治療法でした。

沈先生は、教室で一番膝が硬い生徒さんと、猫背の生徒さんに施術しました。

横になって両膝と床の間にすごく隙間ができている生徒さんの膝に氣を入れると・・・・・
生徒さんの体がピクピク動き出して、ヘビのようなニョロニョロ動きになったり・・・・・
しばらくその動きを眺めていた沈先生が、今度は氣を抜きました。

その後、その生徒さんの膝はやわらかくなって、ちゃんと床に両膝をつけることができるようになりました。
その生徒さんに『施術中は意識はあるんですか?』と聞いたら、
『ずっと意識はあるけど、体が勝手に動くの。』と言っていました。


腹ばいになった猫背の生徒さんは、足の長さも見てわかるくらい違っていました。
盛り上がった背中中心に腰やお尻に氣を入れていくと、背中が少しモリモリと動くのがわかりました。
足も左右に揺れていました。

その動きを見て、何度か氣を入れて(調節しているように見えた)・・・・
またしばらくその動きを見て、最後に氣を抜きました。施術後、足の長さが同じになっていました。
この生徒さん曰く『腰が痛かったのに治ってる!!』。

猫背を正したら、足腰も良くなった。。。

背中背骨はとても大切な場所のようです。
沈先生も十字式も三井温熱(健康スタジオ)も、基本は『背骨を正す』です。


気功治療、不思議な光景でした。。。初めてそういうモノを見たのでとても驚きました。
世の中にはいろいろな治療法があるのもです。。。



今週火曜日、2週間ぶりに気功太極拳教室に行ってきました。

沈先生は鮮やかなブルーで光の加減でダークブルーにも見える光沢あるカンフースーツを着ていました。
いつ見ても沈先生はキラキラしています。

教室終了後、沈先生が『ミッシェルさん、最近の体調はどう?』と声をかけてくれました。
私が『ついこの間の健康診断ではなんの問題もなく健康体だった』
『CTとMRIではまだがんは見えるけど、レントゲンでは全く見えない』
『腫瘍マーカーの数値がもう少しで基準値内』と話すと『あ~よかったですね。』と喜んでくれました。

私は『よかった』という言葉が大好きです。『よかった』と言われるとホントにうれしい!!
『もっともっとがんばって、元気になってやる』という気持ちになります。

沈先生、これからもよろしくお願いします。
[PR]
by michellrosetta | 2013-04-20 14:09 | 気功太極拳教室

family, friends, favorite, interesting, thinking.....and disease
by michellrosetta
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

画像一覧

イラスト:まるめな