肺がんステージ4 希望を持ってがんばるのだ ミッシェルと不思議な仲間たち

カテゴリ:放射線治療( 1 )

ガンマナイフ

8月3日~8月5日まで、ガンマナイフ治療をするために築地にあるガンマセンターに入院しました。

J医院では転移性脳腫瘍『7個』といわれていましたが、ガンマセンターで撮影した
MRIの細かい画像では2mm~6mmのモノが『17個』も!! 
自覚症状がないだけに、信じられない。。。

J医院では『ガンマナイフは通常5個まで治療できると言われていますが、ミッシェルさんの場合は7個。
でも紹介する病院ではやってくれるはずですから』と・・・それなのに17個。

ガンマセンターでは『全脳照射の方が・・・』と言われましたが、ガンマナイフでお願いしました。
治療時間は約5時間60グレイ、17個すべてに照射できたそうです。

これから、1カ月に一度のMRIで経過観察していきます。
すべての腫瘍が小さくなって消えていくように、祈ります。


=入院~退院=


3日・・・・10時頃、ガンマセンター到着。
荷物持ったまま約30分待合室で待った後、診察室へ呼ばれて理事長の簡単な説明を聞く。
病室へ案内、検温・血圧。全室個室・テレビ・ティッシュボックス・ユニットバスバスタオルシャンプーボディソープ付・レンジ冷蔵庫ポットお茶付、パジャマは105円でレンタル。
私は部屋着を持って行ってたけど、治療日には必ず病院のパジャマを着なくてはいけないらしい。
この病院は下着と歯ブラシがあればOK。コンビニがないのはちょっと不便。

昼食後、採血・止血テスト・MRI(明日のフレーム固定のため顔の周りに赤と黒のマジックで線を描かれた。)・心電図・レントゲン。後はフリー。お風呂シャンプーOK。

4日・・・・6時半~血圧・点滴。7時頃~ストレッチャーに乗って、頭にフレームを固定するために処置室へ。
看護師さん(?)が、ストレッチャーに乗ったままの私の頭を、薬用シャンプーでササッと洗髪。

奥の部屋へ移動、体にいろんな器具(心拍数や心電図?)をつけられた後、『眠くなるお薬点滴しますね』。
目が覚めたのはMRIが終わる頃、頭にちょっと違和感あったけど痛くもなんともない。
ストレッチャーに乗り換えて、シャワーキャップが紙でできたようなモノを頭顔にスッポリかぶせられて、
7時半過ぎ部屋へ戻る。

朝食(ごはん・お味噌汁・お惣菜)が来てたので、食べようとして、初めて気づいた。
フレーム固定したままご飯食べるの無理!!
(鏡見たら・・・フランケンっぽい。。。ピンというかボルトというか、オデコに2ヶ所・後頭部に2ヶ所、
見た目グロイ。でも痛みはない。)
しかし、食いしん坊の私はトレーにあったスプーン・フォーク・お箸・ストローを駆使して完食。
(フレーム付けた日は、普通食でなく、サンドウィッチとか食べやすいモノ希望!!)

横になりたいけど、 ボルトみたいなのが頭にザックリ刺さりそうで怖い。
そんなことないと思うけど、見た目がなんとも。。。

12時の昼食も食べにくい!!でも完食。

14時頃、待ちくたびれて疲れた。。。と、やっと呼び出しがかかり、ストレッチャーに乗って治療室へ。
担当医師から、MRIの結果腫瘍17個が見つかったと、話あり。
これだけの数だと全脳照射の方が・・・と言われるが、ガンマナイフでお願いした。

心電図やらなんやらの器具をつけ、5時間位かかるということで『尿管に管を入れます』と、
年配の看護師さんが担当したが10分経っても入れられず!!
なんだかバタバタした感じで『後でオムツします』→『眠くなるお薬点滴しますね』で、ガンマナイフ治療開始。

腰が痛いなぁ~(ずっと仰向けだから)という感覚で意識が戻ってきて、医師『ちょっと休みますね』
→年配の看護師『今からオムツします』→私『2時間半位経ちましたか?』
→医師『そうですね。もう一度眠くなるお薬点滴します。がんばりましょうね』。
腰が痛いので膝後ろに枕を入れてもらった。

また腰が痛いなぁ~という感覚で意識が戻ってきた。
医師『ミッシェルさん、終わりましたよ。がんばりましたね。17個全部に照射できましたよ』。
私『良かった。ありがとうございました。』→ストレッチャーに移動された後、
医師『起き上がって、座れますか?』→私『はい』→医師『今からフレームをはずしますからね』。
フレームはアッという間にはずれて、ボルト4ヶ所にテープ貼り、頭にグルグル包帯。

ストレッチャーに横になり、部屋へ移動。時計見たら、19時!!ホントに5時間もかかったんだ。。。

看護師さん『点滴しますね。頭が痛むようなら、痛み止めありますよ。』
→私『今は痛くないんですけど、痛くなるの嫌だから、お願いします』。ボルタレン座薬を使いました。

1時間位横になった後、看護師さんが包帯とってくれて『夕食食べれそうだったら食べてくださいね』
もちろん夕食も完食。。。シャワー・お風呂ダメ。
いつ頭痛くなるんだろう??ボルタレン使ったから痛くならないのか? いろいろ考えてたら、眠れなくなった。

5日・・・・6時半、点滴。7時前に理事長が治療後の挨拶にきた。『17個もあったんだね。でも全部に照射できたから、これから経過観察していきましょう』と。

7時、朝食、完食。9時、会計さんがきて、入院費精算。10時前に退院。
一人、地下鉄とバスで帰宅しました。(ポール(主人)は仕事のため、入院当日しか来ていません。)
シャワー・お風呂OK。

ガンマナイフ治療・・・転移性脳腫瘍は大変な病気ですが、ガンマナイフ治療自体は今のところ副作用はなく、思っていた以上に簡単なものでした。フレーム固定に関する口コミをネットでみて、痛みについてかなりナーバスになりましたが、私は全く痛くなかったです。退院当日、仕事へ直行する人がいると聞いていましたが、そういう人がいるのもうなずけます。
ボルト痕がかさぶたになるまでシャンプーはできない(5日後からOK)。

これから、腫瘍が小さくなって消えていくのを祈るばかりです。


ガンマセンター・・・まず、17個の腫瘍全部にガンマナイフ治療ができたことに感謝します。
ありがとうございました。
改善してほしい点、直前のガンマナイフ治療ベッドの上ではなく、もう少し早めに画像と治療についての説明をしてほしかった。頭のどこに17個の腫瘍があるとか、具体的に知りたかった。
腫瘍がなくなっていくのをイメージすることは私にとって大切なことだからです。

フレーム固定時の食事について、食べやすいモノを提供してほしい。
これらのことは、病院のアンケート用紙に記入してきました。
[PR]
by michellrosetta | 2013-08-11 10:48 | 放射線治療

family, friends, favorite, interesting, thinking.....and disease
by michellrosetta
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

画像一覧

イラスト:まるめな